for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英総合PMI、4月速報は60に上昇 コロナ規制緩和で雇用回復

[ロンドン 23日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが発表した4月の英国の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は60.0で、前月の56.4から上昇し2013年11月以来の高水準となった。ロイターがまとめたエコノミストの予想(58.2)も上回った。

新型コロナウイルスワクチン接種が進むとともに、感染防止のための規制が段階的に解除されている。4月は、規制緩和に備えてサービス業、製造業ともに人員を増強した。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「サービス、製造ともに需要の急増を指摘している。ワクチンの普及が見通しを明るくしている。23年余りのPMI算出の歴史で、これ以上の成長ペースは2013年8─11月しかない」と述べた。

サービス部門PMIは60.1。前月の56.3から上昇し2014年8月以来の高水準となった。イングランドとウェールズで接客を伴うサービス業が一部再開したことが寄与したという。

製造業PMIは60.7。前月の58.9から上昇し1994年以降で最高となった。

ただ、コロナ禍と欧州連合(EU)離脱の影響によるサプライチェーンの混乱が引き続きPMIを下押しした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up