January 8, 2020 / 10:03 AM / 21 days ago

第3四半期の英労働生産性、5四半期ぶりに上昇 低迷基調は継続

1月8日、英国立統計局(ONS)が発表した2019年第3・四半期の時間当たり生産は前年同期比0.1%上昇と、5四半期ぶりに上昇に転じた。ロンドンで2018年12月撮影(2020年 ロイター/Simon Dawson)

[ロンドン 8日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した2019年第3・四半期の時間当たり生産は前年同期比0.1%上昇と、5四半期ぶりに上昇に転じた。

第3・四半期の単位労働コストは前年同期比3.6%上昇。賃金の伸びが生産性の伸びを上回った。

ONSの統計担当者は「生産性は前年比でプラスに転じたものの、上昇率は過去約10年の平均の3分の1に過ぎず、基調としては2008年から低迷が続いている」と述べた。

ジャビド財務相は、統計を受け、低生産性があまりにも長く英経済の足を引っ張っているとして、3月11日の予算演説で対策を示す計画だと述べた。

*内容と写真を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below