January 5, 2018 / 4:11 AM / 8 months ago

英中小企業の業況感、2017年第4四半期は4年ぶり水準に落ち込む

[エディンバラ 5日 ロイター] - 英国の中小企業団体が行った調査によると、2017年第4・四半期の国内中小企業の業況感は4年ぶりの水準に悪化した。コスト高や軟調な個人消費を背景に、スコットランドでは業況感悪化は約5年ぶり水準に落ち込んだ。

 1月5日、英国の中小企業団体が行った調査によると、2017年第4・四半期の国内中小企業の業況感は4年ぶりの水準に悪化した。コスト高や軟調な個人消費を背景に、スコットランドでは業況感悪化は約5年ぶり水準に落ち込んだ。写真はロンドンで昨年12月撮影(2018年 ロイター/MARY TURNER)

中小企業連盟(FSA)によると、第3・四半期の中小企業業況感指数は、4年ぶり低水準のマイナス2.5を記録した。第3・四半期のプラス1.1、第1・四半期のプラス20.0から大幅に悪化した。

スコットランドの指数は、マイナス21.4と、第3・四半期のマイナス15.3から低下し、2016年第4・四半期に次ぐ低水準となった。

調査はFSB会員1084人を対象に実施。英国と欧州連合(EU)が離脱交渉で通商協議入りに向け前進する前の11月9日─25日に行われた。

中小企業の7社中1社が、向こう3カ月間に事業を縮小したり、売却・廃業することを計画していると回答した。

また、4分の3の企業は営業コストが前年から上昇していると回答した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below