November 5, 2019 / 7:34 AM / 9 days ago

英総選挙、保守党が労働党を7ポイントリード=ICM調査

 11月5日、ロイターが報じたICMの世論調査によると、12月12日の英総選挙に向けジョンソン首相(写真)率いる保守党の支持率が、労働党を7ポイント上回っている。保守党本部を出る同首相。ロンドンで4日撮影(2019年 ロイター/)

[ロンドン 4日 ロイター] - ロイターが報じたICMの世論調査によると、12月12日の英総選挙に向けジョンソン首相率いる保守党の支持率が、労働党を7ポイント上回っている。

選挙戦開始後初の世論調査となった今回の調査では、保守党支持率が38%、労働党は31%だった。

欧州連合(EU)残留派の自由民主党は15%、ブレグジット党は

9%だった。

調査は11月1─4日、2047人にオンラインで実施。

他の調査では保守党の労働党に対する支持率リードは、8─17%ポイントとなっている。

ICMによると、2017年の前回選挙で保守党に投票した有権者の11%が今回はブレグジット党への投票を予定。一方、前回労働党に投票した有権者の12%が自由民主党への投票を予定している。

このほか、16年の国民投票でEU「残留」に投票し、17年に保守党に投票した有権者の3分の2以上が、ジョンソン首相の保守党に再度投票する予定とみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below