November 22, 2019 / 1:57 AM / 23 days ago

再送-英保守党、非居住者対象の不動産取得税を提案へ

(見出しの文言を修正しました)

[ロンドン 22日 ロイター] - 英与党・保守党は12月12日投開票の総選挙に向けた公約に、高騰する住宅価格への対策として、非居住者を対象にした不動産取得税を盛り込む。

英国では、長期にわたる住宅不足から価格が高騰し、多くの市民にとり住宅購入が難しくなっている。

また、不動産価格が高水準なロンドンでは、法律もしっかり整備されていることから、ロシアや中東など、海外の富裕層が投資対象として不動産を購入するケースが目立つ。

保守党の案は、英国に拠点を置かない企業や非居住者を対象に不動産購入時に、価格の3%課税するという内容。年間最大1億2000万ポンド(1億5500万ドル)の税収が見込めるという。

保守党が引用した調査によると、2014─16年に販売された新築住宅のうち、非居住者が購入したのは全体の13%だった。

こうした状況により、供給が限られる一方で需要は一段と増え、住宅価格は高騰し、英国民にとり住宅は手の届かないものになっている、と保守党は説明している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below