November 27, 2018 / 6:22 PM / 14 days ago

英中銀と政府、ブレグジットの経済分析を28日公表へ

[ロンドン 27日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)と英国政府は28日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に伴う経済影響評価を公表する。

英中銀は27日、離脱合意や他の想定し得るブレグジットのシナリオが金融などの安定に及ぼす影響評価を28日1630GMT(日本時間29日午前1時30分)に公表すると明らかにした。

また、金融安定報告書(FSR)と主要国内行に対する健全性審査(ストレステスト)の結果も公表する。発表時刻は従来予定の0700GMT(日本時間午後4時)からずれ込む。

政府も、ブレグジットに関するさまざまなシナリオ下での経済分析を28日午後に公表する。メイ首相の報道官が明らかにした。

英政府は今月、議員の要求に応じ、メイ首相の離脱協定案とEUに残留する場合の比較などの分析を公表すると表明した。

首相報道官は、政府がEU基本条約(リスボン条約)第50条に基づく離脱通告を取り消すことはないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below