October 10, 2018 / 5:04 PM / 2 months ago

英中銀、合意なき離脱への対応を銀行に指示=業界筋

[ロンドン 10日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)は、英国が合意のないまま欧州連合(EU)を離脱した場合の金融の混乱を回避するため、国内銀行に離脱後の数日間、6時間ごとにバランスシートの状況をチェックするよう求めた。業界筋が明らかにした。

英中銀は、無秩序離脱となった場合の対策作りを強化している。離脱日の来年3月29日まであと半年だが、離脱交渉は続いている。

長引く離脱交渉について、業界筋は「時間切れに終わる可能性がある」と指摘した。

英中銀の銀行監督部門、健全性監督機構(PRA)はコメントを控えた。

各行がチェックするのは、預金や融資の残高、通貨やデリバティブのポジションのほか、資金調達コストや貸し出し金利の状況。

短期金融市場の状況について各行の幹部がリアルタイムで定期的に電話で報告することになる。

個人や法人向け与信で大きなシェアを持つ銀行は「最悪」シナリオへの備えを進めている。

PRAは、合意のない離脱に向けた各行の準備状況などを問い合わせているという。

業界筋によると、少なくとも英大手銀1行が、混乱を伴う離脱に備え、接客スタッフ向けに想定集を用意している。

この銀行はまた、ポンドや金利への影響をオーバーナイトで監視する要員配置に向けた計画も策定。取締役会が離脱当日の早朝に説明を受けることになっているとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below