February 15, 2019 / 10:43 PM / a month ago

EU離脱協定案、英国が再交渉不要の安全策受け入れも=関係筋

[ブリュッセル 15日 ロイター] - アイルランド国境の管理強化回避に向けた安全策(バックストップ)について、英国が欧州連合(EU)離脱協定案の再交渉が不要な、法的拘束力を伴う規定を受け入れる可能性が浮上した。EUと英国の外交筋が明らかにした。

英国のメイ首相は、昨年EUと合意した協定案の修正を模索する方針を示すが、EUが拒んでいる。EUは代わりに、将来の関係に関する付属の政治宣言の文言微調整を提案した。

英国のバークレイEU離脱担当相は今週、EUのバルニエ首席交渉官と協議した。

英当局者は、自国が要求する安全策に関する法的保障について「これらのことは離脱協定案を修正せずに実現できる可能性がある」と述べた。

バルニエ、バークレイ両氏の会談内容についてEU外交筋の1人は「英国が他の手段で望むものを得られれば、離脱協定案は再交渉しないとの認識を受け入れるだろう」と語る。

別の関係筋は「ただ、英国は安全策の期限などをなお望んでいる」とし、「バルニエ氏は拒否した」と明かした。

ブリュッセルの関係筋は現時点で、合意なき離脱リスクがさらに高まる3月半ばまで局面打開を見込んでいない。EUは3月21─22日の域内首脳会議まで交渉がもつれ込むとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below