February 28, 2018 / 4:47 AM / 7 months ago

英EU離脱交渉、EU「残り時間わずか」と警告 離脱条約草案公表へ 

[ブリュッセル 27日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡り、EUのバルニエ首席交渉官は27日、英政府が離脱後も恩恵を一部で受けられるとの「幻想」に固執していると批判し、離脱に伴う混乱回避に向け、合意を成立させるための時間は残りわずかだと警告した。

 2月27日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡り、EUのバルニエ首席交渉官は、英政府が離脱後も恩恵を一部で受けられるとの「幻想」に固執していると批判し、離脱に伴う混乱回避に向け、合意を成立させるための時間は残りわずかだと警告した。写真はロンドンで1月撮影(2018年 ロイター/TOBY MELVILLE)

バルニエ氏は英国を除くEU加盟27カ国の代表との会合後、「時間は刻々と過ぎてゆく。残り時間が少ないことを心配している」と記者団に語った。EUと英国は、離脱後の移行期間を含めた離脱条約の合意期限を今年10月としている。

EU首脳はこれまで、英国のメイ首相に対して離脱方針の詳細を明確にするよう求めてきたが、首相は与党・保守党内の対立で明確な方針を打ち出せないでいた。

メイ首相は今週2日、EU離脱後のEUとの関係について演説する予定。ただ、トゥスクEU大統領は、これまで浮上している英政府の構想は「全くの幻想だ」と批判している。

これについて問われると、バルニエ氏は同感だとし、「EU側が(英国の)えり好みを受け入れると考えるのは幻想」と語った。

バルニエ氏はまた、EU離脱後も数年にわたり企業の事業環境が維持されることは確実ではないとも警告。他の分野の交渉でも進展がないとし、英国のデービスEU離脱担当相と緊急に協議する用意があると明らかにした。

EUは28日に離脱条約の最初の草案を公表する。草案は欧州委員会で承認される見通し。当局者によると、草案には英国に対する多くの制限が盛り込まれている。離脱条約の履行を欧州裁判所が管轄する点、英領北アイルランドでのEU規制の存続などが英国との交渉で争点となる。

2月27日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡り、EUのバルニエ首席交渉官は、英政府が離脱後も恩恵を一部で受けられるとの「幻想」に固執していると批判し、離脱に伴う混乱回避に向け、合意を成立させるための時間は残りわずかだと警告した。写真は同交渉官。ブリュッセルで撮影(2018年 ロイター/FRANCOIS LENOIR)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below