Reuters logo
ブレグジット交渉、EUは市民権利・資金・国境警備を優先課題に
2017年3月22日 / 17:07 / 8ヶ月前

ブレグジット交渉、EUは市民権利・資金・国境警備を優先課題に

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉をめぐり、欧州委員会のバルニエ首席交渉官は22日、欧州議会の地域委員会で、EU側の条件と優先事項を明らかにした。

2年で交渉妥結に導く鍵は正しい順序だとし、2019年3月以降も合意のないシナリオはEUとしては検討していないとした。

バルニエ氏は、交渉の成功に向けて、残る加盟27カ国の結束と交渉の透明性が重要と指摘。

早期に解決すべき課題として、労働市場や年金、社会保障、教育へのアクセス保障など、EU内の英国人、および英国内のEU市民の権利を巡る不確実性を取り除き、EU予算の対象プログラムの資金手当てに関する不安を早期に払しょくする必要があると述べた。EU予算による欧州社会基金や欧州地域発展基金などのプログラムは英国も交えて承認しているとし、資金拠出を求めた。

とりわけアイルランドと英国間など、英国離脱後のEU諸国の国境警備問題も優先して取り組む考えを示した。

英国との将来の通商関係については、現在よりも英国に有利な条件となることはないと指摘。まずは離脱の条件について合意して初めて、将来の関係について協議できるとの立場を示した。移行期間に関する合意は必要としたが、移行期間は限定すべきとした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below