June 21, 2016 / 10:16 AM / 2 years ago

ベッカム氏が英EU残留支持、「欧州選手と共に成功収めた」

6月21日、サッカーの元イングランド代表主将、 デービッド・ベッカム氏が英国のEU離脱の是非を問う国民投票を控えて残留に賛成すると表明した。ロンドンで14日撮影(2016年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 21日 ロイター] - サッカーの元イングランド代表主将、 デービッド・ベッカム氏が21日、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を23日に控えて残留に賛成すると表明した。残留支持派の団体「ブリテン・ストロンガー・イン・ヨーロッパ」を通じて声明を発表した。

依然として人気と影響力のあるベッカム氏は、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド所属時、大陸欧州出身の選手らとプレーすることで勝利を手にしたと回顧。チームの核は国内選手だったものの、「デンマーク人ゴールキーパーのピーター・シュマイケル選手やアイルランド人のロイ・キーン選手、フランス人のエリック・カントナ選手らのおかげで、より大きな成功を収めることができた」と述べた。

さらにベッカム氏は、欧州のトップチームへの移籍に伴いマドリード、ミラノ、パリに住んだことは恵まれていたとし、「われわれは強く結び付いた世界で力強く生きている。子供や孫の世代のため、共に世界の問題に立ち向かうべきだ。われわれは孤独ではない」と主張。こうした理由から、EU残留を支持すると述べた。

プレミアリーグは20日、所属するイングランドとウェールズのサッカークラブが残留を支持すると明らかにしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below