Reuters logo
英国、インフラ投資で230億ポンド規模の基金設立へ
2016年11月23日 / 17:51 / 1年前

英国、インフラ投資で230億ポンド規模の基金設立へ

[ロンドン 23日 ロイター] - 英国のハモンド財務相は23日、鉄道や通信、住宅関連のインフラに5年間で230億ポンド(約286億ドル)を投資するとし、そのための基金を設立する考えを示した。自身初めてとなる財政演説で明らかにした。

国家生産性投資基金と名づけられた基金は、インフラ投資と科学やテクノロジーに関する研究開発を目的とする。ハモンド財務相は「経済的に生産性の高いインフラは企業だけでなく家計にも直接の利益をもたらす。道路や鉄道、通信、そして特に住宅に対する依存しているからだ」 と述べた。

21日にメイ首相は2021年までに研究開発費として新たに20億ポンドを支出する方針を発表したが、ハモンド財務相は財政演説でこれを確認した。

財務相は、手頃な価格の住宅の供給は経済の生産性を向上させるとして、住宅建設の優先度は高いと指摘。23億ポンド規模の住宅インフラ基金を通じて住宅用地の開拓に道を開く計画を示した。

財務相は、さらに14億ポンドを手頃な住宅の供給に振り向けられるとし、住宅建設業者はより様々なタイプの住宅を手掛けることが許されるようになるとも述べた。

財務相は「今議会で政府は住宅建設に対する年間投資額を実質ベースで2倍以上に引き上げるつもりだ」とした。

今年3月には英国政府の2016─21年の国家インフラ供給計画は4830億ポンドの規模のプロジェクトを必要とされる分野別に列挙している。

財務相は国内総生産(GDP)比でみた政府の経済インフラ投資額を現状の0.8%から、2020年以降に1─1.2%に引き上げるとし、国立インフラ委員会に将来のプロジェクトに関する助言を求めた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below