Reuters logo
EU離脱交渉は加速の必要、財界幹部らが英首相に訴え
2017年11月14日 / 08:25 / 5日前

EU離脱交渉は加速の必要、財界幹部らが英首相に訴え

[ロンドン 13日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡り、財界リーダーらは13日、メイ英首相に対し、EUとの交渉を加速する必要があるとの見解を示した。

 11月13日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡り、財界リーダーらは、メイ英首相に対し、EUとの交渉を加速する必要があるとの見解を示した。写真は首相官邸に到着した財界リーダーら。ロンドンで撮影(2017年 ロイター/PETER NICHOLLS)

メイ首相は英国と欧州大陸の15のビジネス団体と会合を開き、自身のブレグジット方針への支持や国外への事業移転をしないよう呼び掛けた。

財界幹部らは首相に対し、交渉進展に向けて「離脱費用の交渉」「英国に在住するEU市民の権利」「アイルランドとの国境における取り扱い」の3分野でより明確な情報を示す必要があると指摘した。

英国を含む欧州企業のロビー団体、ビジネスヨーロッパのエマ・マルチェガリア会長は「財界は交渉の遅さと進展の欠如を強く懸念している」と述べた。

英国産業連盟(CBI)のキャロリン・フェアバーン事務局長は、会合のすべての出席者が、貿易協定なしでの離脱による損失について首相に警告したと述べた。

メイ首相はここ数カ月間で財界との協議を増やし、英国のロビー団体や業界幹部と定期的に会合を持ってきた。ただ団体や幹部らは、政府は将来的な貿易協定に関する詳細をほとんど示していないとしている。

13日の会合は、ドイツ、フランス、イタリア、スペインなどのEU加盟国やEU全域の団体を交えた初めての会合となった。

出席者はクラーク民間企業・エネルギー・産業戦略相やデービスEU離脱担当相らとも協議を行った。

アイルランド企業雇用者連盟のダニー・マッコイ最高経営責任者(CEO)は公共放送RTEに対し、デービス担当相が、関税や規制上の障害のない自由貿易協定の計画を示したと述べた。「1週間前に比べ、ハードブレグジット(強硬離脱)を回避できるとの考えが強まった」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below