January 2, 2020 / 10:27 PM / 16 days ago

英EU離脱の影響巡る企業の懸念緩和=中銀調査

[ロンドン 2日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)が2日発表した月次調査によると、英企業は英国の欧州連合(EU)離脱に伴う不確実性が持続すると見込んでいるものの、離脱に伴う売上高への影響を巡る懸念は緩和していることが示された。

調査によると、英EU離脱によって売上高が増加すると見込む英企業の割合は17%と、11月の13%から上昇し、2018年5月以来の高水準となった。

一方、英EU離脱によって売上高が減少すると見込む英企業の割合は37%から33%に低下した。

また最大の不確実要因として英EU離脱を上げた英企業の割合は53%と11月の55%から低下し、6カ月ぶりの低水準となった。

調査に参加した英企業の約42%は英EU離脱を巡る不確実性が21年までは払拭されないと予想。11月の割合は34%だった。

今回の調査は2887社を対象に12月6日─20日で実施。同月12日には英総選挙が実施され、ジョンソン首相率いる与党・保守党が単独過半数議席を獲得し地滑り的勝利を収めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below