Reuters logo
在英EU市民、大半はEU離脱後も在留可能に=英政府案
2017年11月8日 / 00:38 / 11日前

在英EU市民、大半はEU離脱後も在留可能に=英政府案

[ロンドン 7日 ロイター] - 英国政府は7日、英国在住の欧州連合(EU)市民の在留資格に関する計画を発表し、2019年のEU離脱(ブレグジット)後もEU市民の大半が英国にとどまれるようにすると明らかにした。

 11月7日、英国政府は、英国在住の欧州連合市民の在留資格に関する計画を発表し、2019年のEU離脱後もEU市民の大半が英国にとどまれるようにすると明らかにした。ロンドンで9月撮影(2017年 ロイター/Peter Nicholls)

英国のEU離脱担当省と内務省が発表した計画によると、英国に住むEU市民にはブレグジット後も在留資格を申請するための2年間の在留が認められる。申請を審査するケースワーカーに裁量を与えることで、大半の申請が認められることになるという。

EU市民の法的地位と権利はブレグジット交渉で主要な論点の1つ。英国には現在、約300万人のEU市民が住んでいる。

政府案によると、在留資格の申請費用は英国のパスポート申請にかかかる費用と同程度とするほか、申請が却下された場合に上訴する法的権利をEU市民に認める。

デービスEU離脱担当相は「われわれはEU市民の権利を守ることが交渉における最優先事項であることを明確にしてきた。新たに簡素化されたシステムを通じ、英国在留資格の獲得を望むすべての人々を支援する」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below