March 20, 2018 / 1:26 AM / 4 months ago

ロンドンの金融機関、英・EU移行期間合意でも離脱準備は継続

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国と欧州連合(EU)は19日、EU離脱(ブレグジット)後の激変緩和策である「移行期間」を2020年末までとすることで合意したが、法的に不明確な点があることからロンドンの金融機関が離脱に備えた対応を止めることはないと、業界関係者が19日語った。

 3月19日、英国と欧州連合(EU)は、EU離脱(ブレグジット)後の激変緩和策である「移行期間」を2020年末までとすることで合意したが、法的に不明確な点があることからロンドンの金融機関が離脱に備えた対応を止めることはないと、業界関係者が19日語った。EU旗と英国旗を振るEU離脱反対派の活動家。ロンドンで撮影(2018年 ロイター/Hannah Mckay)

銀行や保険会社はこれまでも、今回の合意は当てにできないとしてきた。EU側の正式承認が10月以降にずれ込み、来年3月の離脱前に準備することができなくなるためだ。

金融街「シティー・オブ・ロンドン」政策責任者は、移行合意は規制当局による承認が必要で、それを受けて企業がロンドンから雇用や業務を移転する計画を停止するために活用できると指摘。多くのことが規制当局の対応次第だと述べた。

業界団体「ザシティUK」の代表は、すべての離脱合意が承認されなければ何も合意されていないとし、アイルランド国境問題が依然最も難しい問題で、これまでも交渉の障害になってきたと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below