November 19, 2018 / 10:24 AM / 21 days ago

英国、離脱後の移行期間延長求める可能性=民間企業相

 11月19日、英国のグレッグ・クラーク民間企業・エネルギー・産業戦略相は、英国の欧州連合(EU)離脱後の移行期間について、必要があれば延長を要請する可能性があると述べた。ロンドンで10月撮影(2018年 ロイター/Simon Dawson)

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国のグレッグ・クラーク民間企業・エネルギー・産業戦略相は19日、英国の欧州連合(EU)離脱後の移行期間について、必要があれば延長を要請する可能性があると述べた。

英国は2019年3月29日にEUを正式に離脱する予定だが、移行期間は2020年12月末までとされている。

クラーク氏はBBCラジオで移行期間延長について質問されると、望めばわれわれの判断で要請することになる、と発言。2022年まで移行期間が続く可能性を否定しなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below