Reuters logo
ECB、ブレグジット後に清算業務の監督権限一部失う恐れ=総裁
2017年5月23日 / 16:11 / 6ヶ月後

ECB、ブレグジット後に清算業務の監督権限一部失う恐れ=総裁

[フランクフルト 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は23日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後に清算業務の監視・監督権限の一部を失う恐れがあるとして警鐘を鳴らした。欧州議会に宛てた書簡で述べた。

英国の金融市場インフラはブレグジット後、EU内のものではなく、第三国の扱いとなるため、ECBなどによる監視・監督の度合いが低下するとした。

ECBはユーロ建て取引の清算業務をECBとユーロ圏19カ国の中銀で構成されるユーロシステムの監督下に置き、ロンドンから事実上、欧州大陸へと移動させることを望んでいる。だがユーロ圏の3大経済国であるドイツとフランス、イタリアが、それぞれ清算業務に関する監督権を要求し、意見が対立しているとされる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below