February 27, 2019 / 10:10 AM / 3 months ago

クーレECB専務理事、清算機関の監督巡る提案に批判的見解

[フランクフルト 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は27日、欧州連合(EU)域外の中央清算機関(CCP)へのECBの監督権限を強化する一方で、EU域内のCCPについては各国当局の監督下に置くという提案について、批判的な見方を示した。ECBのイベントで発言した。

クーレ専務理事は「責任のある中央銀行は、最低限の情報や権限なしに、流動性を供給することはできない」と指摘。この提案を実行すれば「ECBによるEU(域内のCCP)への流動性供給が、第三国のCCPに対する流動性提供よりも困難になりかねない」などと語った。

現時点ではユーロの清算の大半がロンドンで行われていることから、英国のEU離脱に向けて、清算機関の監督問題が注目されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below