March 20, 2019 / 3:51 PM / 3 months ago

欧州委、英離脱の6月30日までの延期に反対=文書

 3月20日、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、メイ英首相が要請した欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を6月30日に延期することに反対している。ブリュッセルで6日撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、メイ英首相が要請した、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を6月30日に延期することに反対している。ロイターが入手したEUの文書で明らかになった。

メイ英首相は20日、離脱交渉を6月30日まで延長することを要請する書簡をトゥスクEU大統領に送ったと明らかにした。

欧州委員会が20日の定例会議で検討するブレグジットに関する文書は、21日のEU首脳会議は、3月29日の離脱期日を欧州議会選挙の5月23日より前の短期間の延期か、それとも少なくとも今年末までの長期間の延期かの二者択一になると指摘。

「英国に提示する延長は、2019年5月23日までか、英国が欧州議会選挙に参加する必要がある、より長期間となる。これがEUの機能と意思決定能力を保持する唯一の方法だ」としている。

英離脱に伴い議席が増える予定の国は、離脱延期でそれが実現しない場合は、4月半ばから下旬までに通知を受ける必要があるとした。

また、離脱を延期した場合、英国はEUの長期予算や5月の議会選挙後の主要ポストの人事などの主要問題について「忠実な協力精神をもって」、「建設的な棄権」にコミットすべきとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below