September 25, 2019 / 8:04 AM / in 25 days

合意なきEU離脱回避が最優先事項=英労働党党首

 9月25日、英野党・労働党のコービン党首(写真)は、合意なき欧州連合(EU)離脱の回避が最優先で、これが可能となってからジョンソン首相不信任動議を提出すべき、との認識を示した。写真は英ブライトンで24日撮影(2019年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英野党・労働党のコービン党首は25日、合意なき欧州連合(EU)離脱の回避が最優先で、これが可能となってからジョンソン首相不信任動議を提出すべき、との認識を示した。また合意なき離脱が回避されれば、総選挙を実施してもよいとの見解を示した。

コービン氏はBBCラジオ4に対し「端的に言うと、われわれの最優先事項は合意なきEU離脱を防ぐことだ」とし、「その時点で、首相を退陣させる不信任動議を提出するのが適切だ」と述べた。

最高裁が前日、ジョンソン首相による議会閉会を違法と判断したことについて、コービン氏は、首相はは女王と英国民に謝罪すべきだと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below