June 19, 2019 / 1:30 AM / in a month

コービン英労働党党首、2度目の国民投票に支持表明へ=タイムズ

 6月19日、英野党・労働党のコービン党首は、同党が欧州連合(EU)離脱を巡る政策を変更し、いかなる状況でも2度目の国民投票実施を支持することに賛成の立場を表明する見通しだ。写真は自宅を出る同党首。5月にロンドンで撮影(2019年 ロイター/HENRY NICHOLLS)

[18日 ロイター] - 英野党・労働党のコービン党首は19日、同党が欧州連合(EU)離脱を巡る政策を変更し、いかなる状況でも2度目の国民投票実施を支持することに賛成の立場を表明する見通しだ。英紙タイムズが党幹部の話として報じた。

報道によると、コービン氏の政策責任者アンドリュー・フィッシャー氏は文書で、EUとの間でまとまったいかなる合意についても2度目の国民投票を行うことを労働党として支持することを提言している。「影の内閣」のほとんどのメンバーはまだこの文書を見ていないという。

タイムズによると、影の内閣は党の方針を明確に残留支持にする案を19日に協議する。

与党・保守党と同様に5月の欧州議会選で議席を減らした労働党は、2度目の国民投票を無条件で支持するかどうかを巡り党内で意見が割れている。コービン党首はこれまでのところ、国民投票の再実施を選択肢として残すべきとするにとどまっている。労働党支持者の多くはEU離脱を支持している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below