for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英EU離脱担当相「市場アクセス確保へ対価支払いも」、ポンド急伸

 12月1日、英国のデービッド・デービス欧州連合(EU)離脱担当相(写真)は、EU離脱後にEU市場へのアクセスを確保するため、対価の支払いを検討すると述べた。11月撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 1日 ロイター] - 英国のデービッド・デービス欧州連合(EU)離脱担当相は1日、EU離脱後にEU市場へのアクセスを確保するため、対価の支払いを検討すると述べた。

デービス氏に対しては、議員からEU予算への資金拠出を迫られる可能性はあるかとの質問が集中。EUの単一市場へのアクセスを得るために英国政府は「何らかの形で対価の支払い」を検討するかとの野党議員の質問に対し、政府として検討すると回答した。

その上で「財とサービスの欧州市場へのアクセスを最も良い形で得ることが主な判断基準だ」と述べた。

デービス氏の発言を好感し、ポンドは急伸。ドルに対しては2カ月ぶり高値となる1.2696ドル、ユーロに対しては3カ月ぶり高値となる1ユーロ=83.69ペンスに上昇した。

メイ首相の報道官はデービス氏の発言について、税金の使途を決定する上で政府がこれまで示している見解に沿っているとの立場を示した。

ハモンド財務相は、EU離脱交渉は「あらゆる角度から」検討する必要があり、英国が何らかの形でEUへの支払いを続ける可能性について排除しなかったデービス氏の考えは正しいと述べた。

デービス氏はまた、ジョンソン英外相が移動の自由を支持する考えを複数のEU大使に伝えたという報道について、自身が理解しているジョンソン氏の考えとは「完全に異なる」と言明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up