September 20, 2018 / 11:12 PM / 3 months ago

英首相のEU離脱案、最大40人の与党議員が反対へ=前離脱担当相

 9月20日、英国のデービス前欧州連合(EU)離脱担当相は、与党・保守党の議員のうち最大40人が、メイ首相(写真)の離脱案に反対票を投じると述べ、首相案の議会承認が難航する可能性を示唆した。ロンドンで19日撮影(2018年 ロイター/Frank Augstein)

[ロンドン 20日 ロイター] - 英国のデービス前欧州連合(EU)離脱担当相は、与党・保守党の議員のうち最大40人が、メイ首相の離脱案に反対票を投じると述べ、首相案の議会承認が難航する可能性を示唆した。

デービス氏はハフィントン・ポストに対し、保守党内の強硬派でEUからの明確な離脱を主張する「ユーロピアン・リサーチ・グループ(ERG)」が首相の離脱案に反対する意向だと語った。

メイ首相は7月、別荘で開いた閣議で、EU離脱後もEUとの関係を重視する離脱案への合意を取り付けたが、デービス氏は直後に首相の穏健路線に反対して閣僚を辞任した。

主要野党の労働党、スコットランド民族党、自由民主党はいずれも首相案への反対を表明している。この結果、与党議員315人のうち40人が首相の離脱案に反対する場合、同案は議会承認に必要な賛成票を得られないことになる。

その場合、来年3月に英国がEUとの合意なしに離脱する可能性や、英国で総選挙あるいは離脱の是非を問う2度目の国民投票が実施される可能性が高まる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below