March 29, 2019 / 1:47 AM / a month ago

「ソフトブレグジット」が選択肢、形にこたわらず=DUP副党首

 3月28日、メイ英政権に閣外協力する北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)のドッズ副党首(写真)は、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後に英国がEUとより緊密な関係を維持する「ソフトブレグジット」が現時点での選択肢との考えを示した。ロンドンで15日に撮影(2019年 ロイター/Henry Nicholls)

[ダブリン 28日 ロイター] - メイ英政権に閣外協力する北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)のドッズ副党首は、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後に英国がEUとより緊密な関係を維持する「ソフトブレグジット」が現時点での選択肢との考えを示した。

ドッズ氏は現地のBBCに対し「われわれと北アイルランドにとっての関心と優先課題は必ずしもブレグジットの形態ではない」と発言。ブレグジットの形態がどうであれ、北アイルランドとそれ以外の英国との貿易障壁がない状況を確保することが優先課題だと語った。

DUPは29日に議会で採決が予定されるEU離脱協定案への不支持を表明している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below