March 28, 2019 / 9:21 AM / 24 days ago

英政府のEU離脱案、棄権は選択肢にない=DUP党首

 3月28日、北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)のフォスター党首は、同党の10人の議員は英政府の欧州連合(EU)離脱協定案に反対する方針で、棄権は選択肢にない、と述べた。写真はベルファストで2月撮影(2019年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

[ダブリン 28日 ロイター] - メイ英政権に閣外協力する北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)のフォスター党首は28日、同党の10人の議員は英政府の欧州連合(EU)離脱協定案に反対する方針で、棄権は選択肢にない、と述べた。

与党・保守党の離脱派の筆頭、リースモグ議員は、DUPが投票を棄権することに同意するなら、離脱協定案反対派が翻意する可能性を示唆していたが、DUPは27日、政府の離脱協定案への不支持を表明した。

フォスター党首は、国営放送RTEとのインタビューで「棄権は、最も重要な問題で立場を明らかにしないというもので、最悪の行為だ。したがって棄権はまったく選択肢にない」と述べた。

EUとの緊密な関係を維持する「ソフトな」離脱案を支持するかとの質問に、フォスター党首は、党にとって最も大切なのは、英国のなかで北アイルランドが異なる扱いを受けないことだと回答。

「われわれは、ブレグジット(英国のEU離脱)の実現を望んでいるが、最も重要なのは、英国全体がそろって離脱することだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below