April 15, 2016 / 5:41 AM / 4 years ago

英EU離脱選択なら、金融部門で最大10万人失業=調査

 4月14日、英金融サービス部門のロビー団体「ザ・シティUK」の調査では、英国が6月の国民投票でEU離脱を選択した場合、今後5年間に金融部門で最大10万人が失職する可能性がある。写真はロンドンで3月撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英金融サービス部門のロビー団体である「ザ・シティUK」が実施した調査によると、英国が6月の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択した場合、今後5年間に金融部門で最大10万人が失職する可能性があるとみられている。

EU離脱が決まれば経済成長や投資の伸びが鈍化し、貿易と商業の主要センターとしてのロンドンの地位が低下するという。

グローバルな銀行の多くは、英国を経由して他の市場にアクセスしたり、英国を拠点に金融商品やサービスを販売したりしている。EUを離脱すると、この構造が再検討される可能性があるとみられている。

英国では、金融サービス部門が経済全体の約10%を占めており、他の主要国よりも大きな比重を持つ。

調査リポートは「立地を決定する要素が変化することで、一部業務をEU内の他の金融ハブに移転する方針が取られる可能性がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below