Reuters logo
EU離脱で10年以上不透明さ続く恐れ=英政府
2016年2月29日 / 16:31 / 2年後

EU離脱で10年以上不透明さ続く恐れ=英政府

[ロンドン 29日 ロイター] - 英国政府は、同国が欧州連合(EU)から離脱した場合、EUや域外の他の国との関係見直しで、10年以上にわたって先行き不透明な時間が続き、打撃を被ることになりかねないと警告した。

 2月29日、英政府はEU離脱なら先行き不透明さが10年以上続き、打撃を被ると警告した。写真はEU離脱を呼び掛ける英国独立党のバッジ。27日撮影。(2016年 ロイター/Phil Noble)

6月23日に実施予定のEU離脱の是非を問う国民投票で、残留支持を求めるキャメロン首相は今月、EU改革についてEU首脳と合意にこぎ着けた。

EU離脱の手続きを説明した文書で英政府は、離脱が前代未聞で予測不可能であると強調。「まずは、EUからの離脱、そしてEUとの今後の関係、さらにEU以外の国との貿易上の取り決めについて、英国にとって受け入れられる条件で折り合いを付けるには、10年、あるいはそれ以上かかる」とし、「長期間にわたり不確実性を伴い、英国のビジネスや貿易、国内投資に影響するだろう」と指摘した。「長期にわたって不確実な時期が続くことになる。英国のビジネスや貿易、国内投資にとって重大な結果をもたらすだろう」としている。

英政府の正式な見解は残留支持だが、内閣の何人かの閣僚や、ロンドンのボリス・ジョンソン市長は離脱を主張。政府が国民を不安に陥れていると批判している。

クリス・グレイリング下院院内総務もその一人だ。グレイリング氏は、EU加盟国にとって英国と貿易を続けることは財政的利害に関わるため、離脱後のEUとの交渉は比較的早く済むだろうとの見方を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below