June 23, 2016 / 1:22 AM / 3 years ago

英EU残留派がリード、投票前夜公表の2つの調査

 6月22日、英国のEU離脱の是非を問う国民投票について、同日遅くに公表された2つの世論調査は、ともにEU残留支持が離脱支持をリードする結果となった。サマセットの農場で行われた祭りで、EUの旗をまとって歩く人々(2016年 ロイター/Stoyan Nenov)

[ロンドン 22日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票について、22日遅くに公表された2つの世論調査は、ともにEU残留支持が離脱支持をリードする結果となった。国民投票は23日朝に開始される。

EU離脱が英国経済にもたらす悪影響を懸念する投資家は調査結果を好感し、ポンドが対米ドルで年初来高値に急伸した。

デイリーメール紙とITVが公表したComResによる電話調査では、残留支持が48%と、離脱支持の42%を6ポイントリード。

6月14日にサン紙が公表したComResの調査では、残留派のリードはわずか1ポイントだった。

ComResのアンドリュー・ホーキンス会長は「予想通り、投票前最後の週に現状維持への支持が高まった」と語った。

これとはほぼ同時に、タイムズ紙が公表した調査会社ユーガブによる世論調査の結果は、残留支持が51%、離脱が49%だった。前回調査では離脱派が残留派をリードしていた。

ユーガブのディレクター、アンソニー・ウェルズ氏は「当社の最新調査結果は勝敗の予測がつかない接戦を示しているが、直近のトレンドを見ると、過去に行われた国民投票で投票が近づくにつれて現状維持への支持が高まったのと同様に、残留派が優位となっている」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below