October 28, 2018 / 9:42 PM / 23 days ago

UPDATE 1-フィッチ、英の円滑なEU離脱もはや想定せず 格下げの可能性も

(内容を追加しました)

[ロンドン 26日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは26日、もはや英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が円滑に進むとは想定していないとした上で、合意なき離脱となれば格下げの恐れがあるとの見解を示した。

フィッチは「英国内で政治的分裂が深まっており、険悪で混乱を招く『合意なき』離脱の可能性が高まっている。結果的にそうなれば関税や貿易、経済活動にかなり支障をきたす」とし、従来の基本シナリオを撤回したと説明した。

フィッチはこれまで、英国が来年3月の離脱までに移行期間や将来の通商関係の概要についてEUと合意すると想定していた。

現在の格付けは「AA」。見通しはネガティブ。

これとは別に、S&Pグローバル・レーティングは英国の格付けを「AA」に据え置き、見通しは引き続きネガティブとした。

「EUからの離脱やEUとの将来の関係を巡る不透明感が格付けの制約となっている」とし、これらの要因は英国の経済や公的財政、対外的な財政に加え、今後資本や労働力を呼び込めるかどうかに大きな影響を及ぼすと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below