March 12, 2019 / 2:30 AM / 14 days ago

パリで「ブレグジット」ビールが話題、EU離脱の苦味表現

 3月11日、英国の欧州連合(EU)離脱期限を3月29日に控え、パリの酒場では英国産ビール「ブレグジット」が人気だ。2018年12月17日、サンラザール駅近くにある「クリケッター・パブ」で撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 11日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱期限を3月29日に控え、パリの酒場では英国産ビール「ブレグジット」が人気だ。

サンラザール駅近くにある「クリケッター・パブ」で出されているこのビールは、離脱賛成派が多数を占める英イングランド東部のサフォークにあって、離脱反対派の業者が醸造したものだ。

バーテンダーのLomig Frontyさんによると、ホップの風味が悠然とした苦さを与えている。醸造業者は「ブレグジットに対する気持ちをビールの苦味で強く表現したかった」と説明しているといい、Frontyさんは「このビールを買うことはブレグジットに反対することになる」と話した。

常連客の1人で、英国人とオーストラリア人のルーツを持つロージーさんは「ブレグジットは悲惨だ。だが、少なくともビールのブレグジットは美味い」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below