March 19, 2019 / 3:39 PM / 3 months ago

仏大統領府当局者、EU離脱延期に否定的見解 「明確な理由必要」

[パリ 19日 ロイター] - フランス大統領府の当局者は19日、英国が検討する欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の延期について、いかなる要請も明確で堅固な理由が必要だとの考えを示した。

離脱協定案の採決などが実施されない場合は、自動的に「合意なし」の選択を取ることを意味すると述べた。

英BBC放送の政治担当エディターによると、メイ首相は今月29日に設定されている欧州連合(EU)の離脱期日を6月末まで延期し、離脱を最大2年間先送りする選択肢を求める書簡を19日中に送付する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below