for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英との通商協議、18日までに合意の可能性乏しい=EU関係筋

[ブリュッセル/ロンドン 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)の外交筋と関係者は17日、英国との新たな貿易協定が18日までにまとまる可能性は乏しいと述べた。漁業権を巡り交渉担当者間の隔たりが埋まっていないという。

これとは別に、欧州議会の関係者はロイターに対し、EUのバルニエ首席交渉官がこの日、議会に「今後数日内の合意は可能だが、特に漁業権に関しては難しい」と伝えたと明かした。

AFP通信はバルニエ氏が18日までに合意が可能だと述べたと報じたが、匿名のEU外交筋によると、バルニエ氏と英国のフロスト首席交渉官は情報漏洩を抑えた、いわゆる「トンネル交渉」で漁業権に焦点を当てており、同分野での溝埋めが全体的な合意への大きな課題だという。

EU関係者によると、合意に達しなければ魚の種類に応じて異なる規則を適用する「区別化された」システムが作られるだろうが、18日までにそれが実現するとは想定していないという。

欧州議会の関係者はこの日のバルニエ氏との会合後、「18日(の合意)はないだろう。未解決の問題が多すぎる。今週末かそれ以降になる」と語った。

バルニエ氏はこの日ツイッターに「好ましい進展があったが、最後の障害が残っている」と投稿した。

英国のゴーブ内閣府担当相(国務相)は議会委員会で「残念ながら合意に至らない可能性の方が高い」とし、合意に至る確率は「50%を下回る」と述べた。

その上で、EUとのいかなる貿易協定も12月31日までに英議会の承認が必要だとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up