Reuters logo
英のEU離脱後は「特別待遇」交渉困難に、残留すべき=独財務相
2016年3月4日 / 04:36 / 2年後

英のEU離脱後は「特別待遇」交渉困難に、残留すべき=独財務相

[ロンドン 3日 ロイター] - ショイブレ独財務相は3日、英国が欧州連合(EU)を離脱した場合、欧州は安定性が薄れるとともに競争力が低下する恐れがあるとし、英国に残留を求めた。

 3月3日、ショイブレ独財務相は、英国がEUを離脱した場合、欧州は安定性が薄れるとともに競争力が低下する恐れがあるとし、英国に残留を求めた。写真はショイブレ財務相。上海で2月撮影(2016年 ロイター/Aly Song)

また、英国がEU離脱後に、EUとの貿易上の「特別待遇」について交渉することは極めて難しく、不可能にさえなる可能性を指摘した。

同相はロンドンでの会合で「もし英国が加盟国としてEUに関与しないのであれば、欧州大陸は多少ながら安定性が薄れ、変動が増すリスクを英国は負うことになると思う。それは英国にとって国益にかなわない」と述べた。

英国ではEU離脱の是非を問う国民投票が6月23日に予定されているが、各種世論調査によると、離脱派と残留派が拮抗(きっこう)している。

ショイブレ財務相は、決定は英国民が下すとした上で、英国のEU離脱は中期的に世界経済も弱体化させるほか、長く煩雑な手続きが必要になると指摘。「(EUを離脱する場合)英国はEUが他の60カ国と結んだ貿易協定をすべてやり直すことになる」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below