September 18, 2019 / 10:51 AM / a month ago

スコットランド首相、合意なきEU離脱は「深刻なリスク」

 9月18日、英スコットランドのスタージョン行政府首相は、英国が合意なく欧州連合(EU)を離脱するリスクが依然高いとの認識を示した。写真は離脱後のスコットランドとEUの関係について講演するスタージョン氏。7月11日、ベルギーのブリュッセルで撮影(2019年 ロイター/Francois Lenoir)

[ベルリン 18日 ロイター] - 英スコットランドのスタージョン行政府首相は18日、英国が合意なく欧州連合(EU)を離脱するリスクが依然高いとの認識を示した。

スタージョン氏は「ジョンソン首相が、EUが納得し、かつ英議会下院の過半数の賛同を得られるような離脱合意を、いかにしてEU側ととりまとめるのか、現段階で想定するのは非常に難しい」と述べ「このため、合意なき離脱の可能性は排除できず、依然深刻なリスクだ」と指摘した。

スタージョン氏は、自身が率いるスコットランド国民党(SNP)が、英国のEU離脱、特に合意なき離脱を回避するために全力を尽くす方針で、スコットランドがいつまでもEUの一員であり続けることを望むと述べた。

その上で、合意なき離脱に比べれば、離脱延期の方が良いとも指摘した。

今後数カ月内の総選挙は避けられないとの認識を示し「選挙後に、SNPが他の政党と連立を形成するとは思わないが、保守党の政権続投の阻止、離脱撤回を目指し、他の政党との連携を模索することになるだろう」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below