for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英EU通商交渉、合意成立の公算大 決裂リスク残る=GS

[ロンドン 5日 ロイター] - ゴールドマン・サックスは5日、英国と欧州連合(EU)が11月初旬までに通商協定で合意する公算が大きいが、交渉が決裂するリスクも排除できないとの見方を示した。

同社のアナリストは、顧客向けリポートで「内容の乏しい関税ゼロ・割り当てゼロの通商合意が11月初旬までに成立し、その後12月末までに批准されるというのが、依然として当社の基本シナリオだ」と指摘。

その上で「交渉決裂のリスクも否定できない」とし「合意なき離脱観測は10月中旬の欧州理事会以降も続く、と引き続き考えている」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up