April 1, 2019 / 10:51 AM / 3 months ago

英国、EU離脱巡りGDPの約2.5%失う=ゴールドマン

[ロンドン 1日 ロイター] - ゴールドマン・サックスは1日、英経済について、欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票前の成長軌道と比べて、国内総生産(GDP)の約2.5%が失われたとの試算を示した。

英国経済は、先行き不透明感から投資が阻害され、他の先進国に後れを取っているという。

ゴールドマンのエコノミストは顧客向けのリポートで「EUとの将来の政治・経済関係を巡る不透明感は、英国経済の大きな負担となっており、他国にも影響が波及している」と指摘。

「不透明感の衝撃は、国民投票直後に投資の伸びの重しとなったほか、最近も、離脱を巡る不透明感が再び強まっていることから、さらに重しとなっている」と述べた。

ゴールドマのモデルによると、国民投票以降、EU離脱を巡って1週間当たり約6億ポンド(7億8500万ドル)のコストが発生しているという。

ゴールドマンは「合意なき離脱」の確率を15%とみているが、この場合、世界の信頼感に「大きな」ショックが発生。ポンドが急落し、英国の生産が大幅に落ち込む見通し。[nL3N21J22E]

このシナリオの影響を最も受けるのは欧州諸国で、生産が実質GDPの1%前後減少する可能性があるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below