June 6, 2019 / 9:04 AM / 3 months ago

UPDATE 1-合意なき離脱急げばコービン労働党政権誕生へ=英首相候補ゴーブ氏

(内容を追加しました)

[ロンドン 6日 ロイター] - 英国の与党・保守党党首選で有力候補の一人とされるマイケル・ゴーブ環境相は、急いで合意のないまま欧州連合(EU)から離脱するよりも、離脱を延期させると表明した。合意なき離脱を急げば国政選挙につながり、労働党のコービン党首が率いる政権が誕生するとの考えを示した。

英国のEU離脱期限は10月末となっているが、ゴーブ氏は、離脱協定案の再交渉を巡る取り組みが打開に近づいた場合、離脱のさらなる延期を目指すと述べた。

ゴーブ氏は英紙デイリー・メールの記事で、「あと少しの時間と努力ですべてを変えることができるときに、合意なき離脱を選ぶことが本当にわれわれの最善の利益になるのだろうか」と語った。

急いで合意なき離脱を実施することは、スコットランド国民党の支持を受けた労働党政権の誕生につながると指摘。スコットランド国民党は、スコットランド独立の是非を問う新たな住民投票を望んでいる。

「そうなればブレグジット(英国のEU離脱)は頓挫し、われわれの統一がリスクにさらされ、マルクス主義者が権力を握ることになる」と述べた。

ゴーブ氏はメイ首相の離脱戦略を支持し、「離脱しないことよりも離脱することを選ぶ」と発言。「最終的に『合意なき離脱』か『離脱なし』のどちらかに決定するならば、わたしは『合意なき離脱』を選ぶ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below