Reuters logo
英、12月首脳会議までにEUへの清算金支払いで提案へ=財務相
November 19, 2017 / 11:39 PM / a month ago

英、12月首脳会議までにEUへの清算金支払いで提案へ=財務相

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国のハモンド財務相は19日、EU離脱に伴い英国が支払う清算金について、12月14─15日の欧州連合(EU)首脳会議までにEU側に提案する方針であることを明らかにした。

 11月19日、英国のハモンド財務相(写真)は、EU離脱に伴い英国が支払う清算金について、12月14─15日の欧州連合(EU)首脳会議までにEU側に提案する方針であることを明らかにした。写真は19日ロンドンで撮影(2017年 ロイター/Mary Turner)

EUのトゥスク大統領は17日、メイ英首相と英国のEU離脱交渉に関して協議し、交渉を進める上で「まだやるべきことが残っている」との見方でメイ氏と一致した。その上で、メイ氏に対し、遅くとも12月初めまでに、英国がEUに支払う方針を示している清算金について具体的な計画を提示するようあらためて求めた。

ハモンド財務相は19日、BBCに対し、「首脳会議に間に合うようにEU側に提案を行う」と述べた。

同相はまた、ITVのインタビューでは「当然ながら、英国の納税者にとって最善の合意を取り付けるため、厳しい姿勢で交渉に臨む」と発言。英政府が負担する金額の交渉で強硬な姿勢を取る考えを示した。

EU離脱後の英国とEUの通商に関する合意がないまま離脱する見通しについて問われると、合意に至る可能性への自信を「ますます深めている」と答え、合意は双方の利益にかなうと述べた。

通商協定の合意時期については、2019年3月の離脱期限までに主要な部分で基本合意に至ると予想。離脱期限までに完全な自由貿易協定を結ぶことを目指しているメイ首相やデービスEU離脱担当相よりも緩いスタンスを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below