March 20, 2018 / 1:16 AM / 3 months ago

英EU離脱、「移行期間」20年末まで アイルランド問題は先送り

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 英国と欧州連合(EU)は19日、EU離脱後の激変緩和策である「移行期間」の扱いで合意した。ただ、アイルランド国境問題は先送りした。

移行期間は2020年末までとし、その期間中、英国はEUの意思決定に参加できないが、引き続き単一市場と関税同盟にとどまる。

一方、EUのバルニエ首席交渉官は、英国が来年3月までに包括的な離脱協定に合意した場合に限り、移行期間についての合意に法的拘束力があるとの考えを示している。

今回、懸案だったアイルランド国境問題は先送りされた。

英国領の北アイルランドはEU加盟国のアイルランドと地続きで、英国のEU離脱によって国境が復活する。英・EU双方は、人とモノが自由に行き来できる現在の状態を維持し、厳格な国境管理を避けることで合意しているが、具体策はまだみつかっていない。

バルニエ氏は19日の記者会見で、今回の合意は円滑な離脱に向けた「決定的な」一歩だと述べた上で、アイルランド国境問題など、課題は山積しているとの考えを示した。

記者会見に同席した英国のデービスEU離脱担当相は、移行期間中に英国が他国と通商協定締結に向けて交渉できることで合意できた点を評価した。

合意内容は22─23日のEU首脳会議で承認される見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below