September 19, 2019 / 9:53 AM / in a month

EUは柔軟性と創造性発揮を、英離脱担当相が訴え

 9月18日、英国のバークレイ欧州連合(EU)離脱担当相は、EU離脱協定案からアイルランド国境問題の解決策「バックストップ(安全網)」を削除する必要があると強調した。写真は離脱を訴える支持者。9月18日、ロンドンで撮影(2019年 ロイター/Hannah McKay)

[マドリード 19日 ロイター] - 英国のバークレイ欧州連合(EU)離脱担当相は19日、英国のEU離脱協定案からアイルランド国境問題の解決策「バックストップ(安全網)」を削除する必要があると強調、英国は必要なら合意なしに離脱する用意があると述べた上で、柔軟性と創造性を示すようEUに求めた。

マドリードで発言した。ジョンソン英首相が「何が何でも」離脱すると宣言している10月31日の期限まで、あと6週間に迫っている。

バークレイ氏は、英国は合意を望んでいるが、実現には英国とEU双方の努力が必要と主張。「合意に到達するためには、創造性と柔軟性が必要であることを双方が認識しなければならない」とし、「バックストップのない合意、英議会と欧州議会の承認が得られるような合意に向けて、創造性を発揮しようではないか」などと訴えた。

バークレイ氏はバックストップについて、一時的な措置であることを保証することの困難さなど、受け入れが不可能な理由を挙げ「バックストップは英国内で同意が得られない。英議会はすでに3回否決している」と述べた。

英最高裁が今週、ジョンソン首相が来月中旬まで議会を閉会した決定が違法かどうか審理を行っていることについては、判決が出たら従うと語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below