September 25, 2019 / 9:05 PM / a month ago

英首相、野党に早期総選挙へ不信任案提出迫る 野党は挑発乗らず

[ロンドン 25日 ロイター] - ジョンソン英首相は25日から再開した議会に出席し、野党に対し、早期に総選挙を戦い政権を奪還するか、政府の邪魔をせずに英国の欧州連合(EU)離脱を見守るかの二者択一を迫った。

英国の最高裁判所は24日、ジョンソン首相が10月末のEU離脱期日直前まで議会を閉鎖した措置を巡る訴訟で、首相の措置は違法と判断。これを受け、下院は25日午前11時半(日本時間午後7時半)に再開した。[nL3N26F40G]

ジョンソン首相は、下院で「議会は政府がブレグジット(EU離脱)を果たすのを邪魔をせずに見守るか、不信任動議を提出し、有権者の審判を仰ぐべきだ」と述べて、野党を挑発。自身はブレグジットを巡り「国民を裏切る」ことはないと強調した。

ただ、労働党のコービン党首を含む野党トップらは挑発には乗らず、ジョンソン首相が合意なきEU離脱を排除した場合にのみ総選挙に同意すると述べた。

首相辞任を求める声が飛び交う中、ジョンソン氏は、野党は政権奪還できないことを恐れ、総選挙への同意を拒否していると主張。「国民は、何が起きているかはっきりと分かっている。野党は国民を信頼していない」と述べた。

議会はジョンソン首相による早期総選挙の動議を2度にわたり否決している。

また、10月19日までに議会でEUとの離脱協定案が承認されず、合意なき離脱も認められなかった場合、ジョンソン首相に対し3カ月の離脱延期をEUに求めることを義務付ける法律が成立している。[nL3N2610VD]

ジョンソン氏は同法の条件が満たされても、離脱延期を要請することはしないと表明。一方、現行ルールに従って現在の期日である10月31日にEU離脱を実現すると述べた。

ジョンソン英首相は25日から再開した議会に出席し、野党議員に政権を奪還するか、邪魔をせずに英国の欧州連合(EU)離脱を見守るかの二者択一であると迫った(2019年 ロイター/REUTERS TV)

コービン氏は、首相に対し「総選挙を求めるなら、離脱延期を確保すべきだ」と訴えた。

ジョンソン氏の報道官は、野党が早期選挙に向けた行動を拒否する限り、10月31日にEUを離脱するという政府方針が黙認されたと政府側は理解すると指摘。「(不信任案を)提出するか黙るかどちらかを選択する時が来た」と語った。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below