December 18, 2019 / 4:23 PM / a month ago

英のEU強硬離脱リスク25%、「不快なほど高い」=JPモルガン

[18日 ロイター] - JPモルガンは、英国の欧州連合(EU)離脱後の移行期間の期限である2020年12月末までに合意が得られない確率は25%と「不快なほど高い」との見方を示した。

ジョンソン英首相がEU離脱後の移行期間を20年以降に延長しない方針を示したことで、貿易協定が締結されないまま離脱するリスクが再燃。ポンド売りが強まり、17─18日の下落率は約2%と、2日間の下落率としては18年2月以降で最大となった。

JPモルガンはノートで「移行期間終了時に『合意なし』となるリスクは25%で、不快なほど高いと捉えている」と指摘。ただ、新たな貿易協定が締結される可能性の方が高いとし、確率は50%と従来想定の30%から引き上げた。移行期間が21年に延長される確率は40%から20%に引き下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below