June 13, 2016 / 1:32 AM / 3 years ago

英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

[ロンドン 11日 ロイター] - 11日に公表された世論調査によると、英国の欧州連合(EU)離脱を支持する人と残留を支持する人の割合は依然として拮抗(きっこう)している。

 6月13日、11日に公表された世論調査によると、英国の欧州連合(EU)離脱を支持する人と残留を支持する人の割合は依然として拮抗(きっこう)している。写真はロンドンで2月に撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

前日10日に発表されたORBの調査(8─9日実施)では離脱派が残留派を10ポイント上回り、ポンドの急落につながったが、11日発表の調査ではそれほど大きな差はない。

オブザーバー紙の委託でオピニウムが7─10日に実施した世論調査では残留派が44%、離脱派が42%、態度未定が13%だった。

YouGovの最新の世論調査でも、離脱を支持する人の割合(43%)と残留を支持する人(42%)の差はわずか1ポイントだった。

英ブックメーカー(賭け屋)は、ORBの調査結果を受けて離脱の確率を引き上げた。

ベットフェアは残留の確率を78%から70%に引き下げた。

ラドブロークスは離脱の確率を27%から30%に引き上げた。

ただ、YouGovの社長を務めたピーター・ケルナー氏は、ORBの調査について、国民の意見を反映した最善の指標ではないとみられると指摘。

ツイッターで「今夜のYougovとオピニウムの調査は(前回と)ほとんど変わらずだった。昨夜のORBの調査は急に10%も離脱派がリードし、外れ値のようだ」と語った。

英国では今月23日に、EUからの離脱の是非を問う国民投票が行われる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below