January 20, 2019 / 11:39 PM / 7 months ago

英離脱プロセスのハイジャック許されない=閣僚が議会けん制

1月20日、フォックス英国際貿易相(写真)は、議会が英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題をハイジャックすることは許されないと述べ、離脱プロセスを巡り主導権を握ることを望む議員らをけん制した。BBC提供(2019年 ロイター)

[ロンドン 20日 ロイター] - フォックス英国際貿易相は20日、議会が英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題をハイジャックすることは許されないと述べ、離脱プロセスを巡り主導権を握ることを望む議員らをけん制した。

3月29日の離脱期限が近付くなか、メイ首相は離脱合意案が先週下院で否決されたことを受け、21日に新たな対応について表明する。

メイ氏は20日の閣議で、英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドとの国境問題を巡るバックストップ(安全策)について、保守党や閣外協力する北アイルランドの地域政党にとってより受け入れやすい内容にする方法を模索していると明らかにした。

英紙サンデー・タイムズは、メイ氏がバックストップを解除する協定をアイルランドと締結することを目指していると伝えた。

離脱を支持するフォックス国際貿易相は、BBCの番組「アンドリュー・マー・ショー」で、メイ氏の離脱案は依然として合意に向けた最善の案だとし、離脱を巡る主導権を握ろうとすべきではないと議員らに警告した。

同相は「一部の議員は常に国民投票の結果に真っ向から反対し、ブレグジットのハイジャックを試み、事実上国民から投票結果を奪おうとしている」と批判した。

一方、野党・労働党でEU離脱問題を担当するスターマー議員は、過半数の支持を得られる選択肢はEUとの緊密な経済関係か、2回目の国民投票の2つしかないとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below