September 8, 2019 / 11:25 PM / 3 months ago

英議員、ジョンソン首相が離脱延期法案無視すれば提訴も

[ロンドン 7日 ロイター] - 英野党・労働党のコービン党首は7日、欧州連合(EU)からの離脱延期法案をジョンソン首相が無視しようとした場合に備え、一部の議員が法的措置を用意していることを明らかにした。

10月31日の合意なき離脱を回避するため、上院は6日、EUに離脱延期を要請することを政府に義務付ける法案を可決している。9日にもエリザベス女王の裁可を経て成立する見通しだ。

BBCは、離脱延期法案を支持したため与党・保守党から除名された穏健派を含む一部の議員が法律の専門家を集めていると報じた。同法執行のために必要なら法廷闘争に持ち込む用意があるという。

コービン氏は、労働党として法的措置をとるわけではないとした上で、この件に関する議員の動向は承知していると述べた。

英紙デイリー・テレグラフは7日、ジョンソン首相はEUと新たな合意に至らなかった場合、離脱延期を義務付ける議会の決定を無視する用意があると報じた。ジョンソン氏は同法による制約が「理論上」のものにすぎないとの見方を示したという。

コービン氏は、ジョンソン首相が離脱延期法案に従うまで総選挙実施を支持しない考えも示した。

BBCに対し「首相は議会の決定に従うことを明確に表明する必要がある」と述べ、総選挙にいつ賛成するかとの質問に対しては「(10月)31日の合意なき離脱の危険が取り除かれると完全に確信できたときだ」と答えた。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below