Reuters logo
ユーロ圏改革は双方にプラスとなり得る、英仏が一致
2015年7月28日 / 00:53 / 2年後

ユーロ圏改革は双方にプラスとなり得る、英仏が一致

[パリ 27日 ロイター] - 英国とフランスは27日、ユーロ圏が通貨統合強化などの改革に取り組んでいることについて、英国が欧州連合(EU)に残留する条件として求めているEU改革と一緒に進めることが可能、との見解で一致した。

ギリシャ危機が一段落したことで、仏独は、ユーロ圏に独自の予算や政府、議会を持たせるなど統合を一段と強化する案を検討している。

一方、キャメロン英首相は、ユーロ通貨同盟が強化されれば、英国などユーロ圏非加盟国のEU内での影響力が低下すると警戒している。

マクロン仏経済相は、パリでオズボーン英財務相と会談した後の共同記者会見で、非ユーロ圏国の利益を保護するルールが必要と述べた。

オズボーン英財務相は、ユーロ圏改革は「興味深い方向」に進んでいると述べた上で「通貨統合を強化するのであれば、英国のようなユーロ圏非加盟国の利益が適切に保護されなければならない」と強調した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below