June 20, 2018 / 7:30 PM / a month ago

英EU離脱修正法案、下院が否決 親EU派が首相案を支持

[ロンドン 20日 ロイター] - 英下院は20日、欧州連合(EU)離脱法案の採決を行い、交渉の行方について議会により大きな権限を与える修正案を反対多数で否決した。

採決結果は反対が319票、賛成が303票だった。

メイ政権が離脱を巡る議会の「意味のある採決」に関して妥協案を提示し、これに保守党内の親EU派議員が支持を表明した。

メイ首相は自党の抵抗勢力と対峙するリスクの高い戦略を取ったが、これが功を奏した形となった。ある議員は、メイ氏にはそうするしか選択肢はなく、そうしなければ抵抗勢力が増大するリスクがあったとした。

ただ、メイ首相は今後もEU離脱前に複数の法案を議会で可決する必要があり、EU離脱の青写真となる法案を巡る対立は今後も続く可能性が残っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below