for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英離脱後交渉、直接協議を中断 EUメンバーのコロナ感染で

欧州連合(EU)を離脱した英国とEUの将来関係などを巡る交渉で、EU側の交渉メンバーに新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを受け、直接的な協議が19日に中断されたことが分かった。ベルリンで昨年4月撮影(2020年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州連合(EU)を離脱した英国とEUの将来関係などを巡る交渉で、EU側の交渉メンバーに新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを受け、直接的な協議が19日に中断されたことが分かった。ただ、当局者は衛生上のガイドラインに沿って作業を継続しているという。

フィンランドのトゥプライネン欧州担当相はロイターに対し、離脱後交渉は「重要な段階にある」と指摘。12月末の移行期限が近づく中で、「合意に達するために最大限の努力が必要だ。われわれは英国と包括的でバランスの取れた合意に達することを望んでいる」と述べた。

一方、オランダ、フランス、ベルギー、スペインなどは、英国と交渉している欧州委員会に対し、合意に達しなかった場合に備えた新たな緊急対策を策定するよう要請。ただ、外交筋や当局者によると、欧州委は合意への追い込みをかける中で、要請を留保しているという。

EUのバルニエ首席交渉官はツイッターで「ガイドラインを十分に尊重して業務を継続する」と表明。

ジョンソン英首相の報道官は、リモート協議が継続するとした上で、英政府は引き続き「クオータ(割当枠)ゼロ、関税ゼロ」の自由貿易協定(FTA)締結に焦点を当てているとした。

ブルトン欧州委員(域内市場担当)は、英国が公正な競争ルールを受け入れない限り、来年から4億人超の消費者を抱えるEUの単一市場から締め出されることになると強調。「英国が域内市場の恩恵を受けたいと願っていることはよく理解している。英国がこれらのルールを受け入れるなら歓迎されるだろうが、受け入れない場合、合意は成立しない」と述べた。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up