March 28, 2018 / 9:51 AM / 4 months ago

新移民法の可決先送り、移行期間合意で緊急性薄れ=英内相

[ロンドン 28日 ロイター] - 英国のラッド内相は28日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後に英国への移民流入を規制するための新移民法を可決する計画について、先送りすることになったと明らかにした。議会の委員会で述べた。

内相は「英国に居住するEU市民の権利保護が、(EU離脱後の激変緩和策である)移行期間の合意により達成できることになった」と指摘。「新たな移民法をまとめる緊急性がある程度薄れた」と説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below